こんにちは、里帰り出産で絶賛里帰り中のてんです。

 

今日はタイトル通り、里帰り出産がもたらすデメリットについて書いていきたいと思います。

 

里帰り出産のメリット・デメリットとは

もちろん皆、メリットがあるからこそ、「里帰り出産」を選択するわけです。

例にこぼれずワタクシも、初めての出産のため実母が側でサポートをしてくれること、この一点にメリットを感じ、里帰り出産を安易に決めてしまいました。

 

しかし実際に里帰りしてみると、予想外のストレスが・・・。

 

 

私の居住地から実家まではだいたい車で高速道路を使用し3時間弱でしょうか。

まぁまぁ離れてます。

気軽に日帰りで、っていうわけにはなかなかいかない距離ですよね。

 

夫は割と仕事に関しては融通がきくので、里帰りするの?という感じでしたが…

義実家もなぜ里帰りするのか?という感じだったようですが(夫談)、表向きにも夫が好きな方にしたら、と言ってくれたので、それに甘え里帰りを決めました。

 

そう、私は全くデメリットについて考えていなかったのです。

え?デメリットあるの?と、里帰りする前の私なら思ったと思います。

 

両親とは友達のように仲が良いし、夫も好きな方にしたら、と言ってくれている。

産後、身体的にも精神的にもどのような状態になるのかも不安だし。

「普通」するよね!くらいの感じで、

デメリットになんて考えが及びませんでした。

 

実際に里帰りして感じたこと

現在、私は妊娠38週目。

いつ陣痛がきてもいいぞ状態です。

里帰りしてきて約3週間程でしょうか。

 

この3週間で感じたこと、、それは実家生活がとにかくストレスが溜まる。という事。

 

もちろん大前提として、里帰りが出来るという環境にあることは本当に恵まれていることだと自覚してます。

 

したくても出来ない方や、頑張ってお一人でなんとかされてる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方からしたら、贅沢な悩み!とお叱りを受けそうですが、里帰りを検討される方に、ゆっくり考える時間を持ってほしい、という気持ちで書きます。

 

実家を出て数年、1人で生活をしてきて、結婚して旦那さんと生活してきて、そのリズムや感覚が当たり前になってきた所に、里帰りで実家に帰って生活をしてみると、想像とのギャップが結構出てきます。

 

ストレス①両親の過干渉

何と言っても一番はこの「過干渉」

 

「あれ食べる?」

「これ食べる?」

「妊婦なんだからもっと食べなさい」

などなど、妊婦にガンガン食べ物を勧めてくる

今は、妊娠期間に増えてもいい体重の目安があったり、体重コントロールについても病院で指導が入ることが多いです。

そんな中、これ以上増やしたくない体重が両親のおかげで増えてしまう、、という方は多いようです。自分の為に用意してくれたものを無碍に断ることも出来ず、体重コントロールが上手く出来なくなってしまうストレス。

 

食べ物に限らず、寒いからあれ着なさいとか、どこ行くの?とか。

ああしなさい・こうしなさいが毎日続くと、自由に生活してきた今までとの差にストレスを強く感じるようになります。

 

いつまでも子は子、なんだろうけど一体私をいくつだと思ってるの?と言いたくなってしまいます。

 

ストレス②生活リズムの違い

自分が学生時代までは十数年暮らしてきた家族ですが、今となってはもはや、全く違う1つの家庭である、というのを痛感しました。

 

起きる時間も違えば、ご飯を食べる時間、タイミングも違う訳で、何がどこにあるかも分からなくなっている家で生活をすることに対してもストレスを感じるようになります。

 

もちろん、私は受け入れてもらっている側の人間なので、それに合わせなきゃ、と思うとやはり居心地に違和感を感じるようになりました。

 

ストレス③夫に会えない

会えない寂しさはあるだろうな、というのはもちろん想像していました。

しかし、こんなに寂しいとは!というのが感想です(笑)

 

例えば離れることによって、浮気してしまうんではないかとか、そういった心配で戻りたいとかそういうのではなく、純粋に会いたいなーと思うわけです。

 

実家に1人でいる私はすごくクール(冷めてる?)です。

夫といる時は騒いで面白おかしいことを言ったりしています。

 

なので、夫が実家に一緒にいる間はとても明るいのに、夫がいなくなってからしばらく経つと私は抜け殻のような静けさになり、両親が戸惑っているのです。笑

(それにより、いつもよりなんだか元気がない…といった干渉に繋がり悪循環に・・・)

 

どちらも本当の私です。

しかし、やはり夫といるときの自分が、より自分らしくいられているんだなぁと痛感しました。

 

好きで結婚をして一緒になった人と会えないのは、結構こたえます。

夫も言っていましたが、離れたとしても数日くらいがちょうどいいな、と。

 

ストレスを回避するためには

一度決めた里帰り出産を止めて戻る、というのは産院などの絡みを考えると現実的には難しいと思います。

もちろん可能なのであれば、ストレスが掛からない環境にするのがベストではありますが。

 

溜め込まない為には、

・両親に思っていることをしっかり伝える事

・誰かに話を聞いてもらう事

 

私は里帰り出産経験済みの姉がいたので、姉に相談しようと思いましたが、なかなかタイミングが合わずに相談出来ずにいました。

 

夫にも、自分で決めた里帰りなので、辛いという事がなかなか言えずにいました。

 

しかし、どうにかなってしまいそうだったので、1人で散歩に出掛けたときに、夫に軽く言ってみました。

(この散歩に行ってくる、に対しても両親がオーバーリアクションでため息が出ました。。)

 

「意外としんどいな〜」って。

「じゃあなんで里帰りにしたんだよー」って言われてしまっても仕方ないな、って思いながら。

 

しかし夫は、「つらいな」「落ち着かないな」「俺がどうしても一緒にいたいからって言って帰ってくるか?」「無理しなくてもいいんだよ」「迎えに行こうか?」と言ってくれました。

 

その瞬間、涙が止まりませんでした。

自分勝手に決めて、勝手に里帰りして来ているのに、、。

私が張り詰めて、強くストレスを感じていることも、すぐに汲んでくれて、本当に有難かったです。

本当に気持ちが救われました。

 

出来ることならば帰りたいです。

大変だとしても、2人目以降は里帰りを選ばないでしょう。

しかし、夫に打ち明けて気持ちを受け入れてもらった事で、だいぶ気持ちは明るくなりました。

 

両親も、子を心配しての行動ですし、感謝の気持ちを持って残りの里帰り期間を有意義に過ごしたいと思っています。

気を遣わない間柄だからこそ、ある程度の距離は大切なんだ、ということです。

私もうまく距離を保って、初めてのお産を乗り越えようと思っています。

 

両親とゆっくり過ごせるのももうほとんど無いわけですし。

かなり貴重な時間ということを念頭に置いておきながら過ごします。

 

今まさに里帰り中で悩んでいる方、どうか自分の中だけで解決しようとしてキャパオーバーになる前に、誰かに相談してくださいね

 

また、これから出産を控えて里帰りをするか悩んでいる方、安易に決めずにしっかりと考えて、必要であれば先に両親とルール決めをするなど、対策してみてくださいね。

 

おすすめの記事